本文へスキップ

(社会福祉法人)大阪市西成区社会福祉協議会は、地域住民と保健・医療・福祉などの関係機関や専門家、当事者組織などで構成する社会福祉法に位置づけられた民間の福祉団体です。

TEL. 06-6656-0080

〒557-0041 大阪市西成区岸里1丁目5番20号
(西成区合同庁舎8階)

はぎのさと

住所
西成区岸里1−5−20 西成区合同庁舎8階
西成区在宅サービスセンター「はぎのさと」内
電話
6656−0080
FAX
6656−0083
開館時間
午前9時〜午後7時 (土曜日のみ午後5時30分)
休館日
日曜日、祝日、年末年始
アクセス
地下鉄「岸里」駅すぐ
南海・地下鉄「天下茶屋」駅から徒歩5分

西成区地域包括支援センター通信 西成区地域包括支援センターパンフレット

 
西成区地域包括支援センター通信 バックナンバー

 平成27年 第1号   平成27年 第2号  平成27年 第3号
 
西成区地域包括支援センター リーフレットができました。

 『リーフレット : おもて』  『リーフレット : うら』

西成区地域包括支援センター

・・・・・暮らしや介護の「総合相談窓口」です。

高齢者の皆さんが住みなれた地域で安心していきいきと暮らし続けられるよう応援します。
地域包括支援センターの職員は、保健師・看護師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどの保健や福祉の専門職です。
互いに連携をとりながら「チーム」で総合的に皆さんの相談に応じます。

お気軽にご相談ください

高齢者やご家族の相談を受け、介護保険や保健、医療、福祉の必要なサービスにおつなぎするなど、相談内容に応じた支援をします。

みなさんの権利を守ります

☆高齢者虐待の防止、相談、対応
☆認知症の方などへの成年後見制度活用についての相談
☆悪質な訪問販売や消費者被害の防止

高齢者が暮らしやすい地域づくりをすすめます

☆ケアマネジャーに対するアドバイス
☆医療機関、行政、福祉サービスなどさまざまな機関や関係者と連携して、みなさんを支える仕組みづくりをすすめていきます。

自立した生活のお手伝いをします

要支援の認定を受けた方や、体力に自信がないがいつまでも元気で暮らしたい方への 介護予防ケアプランの作成

介護をしているご家族や地域の方を支援します

家族介護教室の開催、認知症に対する理解を進めるための取り組み

西成区には、4カ所の地域包括センターと6カ所の総合相談窓口があります





地域活動支援

地域のふれあい活動への支援

身近な地域でのつながりづくりを進めるために、地域住民の参加、協力でおこなっているさまざまなふれあい活動を支援しています。
 ☆ふれあい型高齢者食事サービス
 ☆世代間交流事業
 ☆子育てサロン 
 ☆ふれあい喫茶活動
   ・・・・・活動場所などの確認はこちらで

西成区地域福祉アクションプランの推進

アクションプランは、誰もが安心・安全に暮らせる「西成のまちづくり」を、地域住民や関係機関、団体、行政との協働により目指す行動計画です。
「つながりづくり」をキーワードに、それぞれの役割を大切にしながら地域福祉を推進しています。

地区社会福祉協議会の支援

小学校区を単位とした地区社会福祉協議会では、地域の特性をいかしたさまざまな活動が展開されています。
活動がさらに広がり、充実していくよう支援しています。

福祉教育の推進

地域の方々や学校関係者とともに、 子どもたちが人権や助け合いの気持ちを育むきっかけづくりに取り組んでいます。

地域のつながりづくりを進める取り組み

西成区社会福祉施設連絡会、地区ネットワーク委員会の事務局を担うなど、地域のさまざまなつながりづくりを進める取り組みをおこなっています。

西成おもちゃ図書館パンダの運営

予定表は、右のPDFファイルをごらんください→→ 予定表(PDFァイル)

西成おもちゃ図書館パンダ

西成おもちゃ図書館パンダは、障がいの有無に関わらず、子ども達が保護者・ボランティアとの交流や適切なおもちゃで遊ぶことを通して、発達を促すことを目的としています。

開催場所:はぎのさと別館(松3−1−16)
日時:★第2土曜日午前10時30分〜12時30分
   ★第4水曜日午後2時〜4時

※行事の都合などで変更になる場合があります
※8月、12月、1月は1回
※開催日によっては、歯科衛生士さんによる歯みがき個別指導、ボランティアさんによるパネルシアター、絵本の読みきかせお誕生会などがあります。



善意銀行の運営

皆さんの善意の寄付をお預かりし(預託)、地域の各種社会福祉活動に有効に活用(払出し)するため、 善意銀行を運営しています。
皆さんの善意をお待ちしております。

平成28年度 善意銀行助成(払い出し)申請を受け付けています
※「福祉ボランティア活動応援資金」
《申込期間》 平成28年1月20日(水)〜平成28年2月20日(土)必着
   払出先の募集要項(PDFァイル)
   申請書(PDFァイル)
   申請書記載例(PDFァイル)
※「善意銀行」
《申請期間》 平成28年1月20日(水)から平成28年2月20日(土)まで
   善意銀行助成要項(PDFァイル)
   申請書(PDFァイル)

広報紙「社会福祉にしなり」の発行

地域の福祉活動や区社協事業などの周知・報告のために広報紙を発行しています。





地域生活支援事業

地域でさまざまな生活課題を抱えている方に対し、問題解決に向けて専門機関などと連携して総合的な生活支援をおこなうとともに、地域福祉活動に対する支援をおこないます。

活動例

☆一人暮らしで生活にお困りの方や閉じこもりがちな高齢者などに、見守り訪問や各種制度の利用・地域行事などを情報提供
☆認知症を理解し見守るなど、認知症の方とその家族を、地域で支える認知症サポーターの養成講座を開催





西成区在宅デイサービスセンター はぎのさと

デイサービスの目的

介護保険によるサービスで、健康チェックや入浴、昼食、レクリエーションなどのサービス提供とご家族の介護負担の軽減を図ります。
くつろげる空間と仲間づくりができる場を提供します。
利用者がいきいきとした生活がおくれるようにお手伝いします。

サービス内容

☆送迎…送迎車でお迎え、お送りします。
☆食事…バランスのとれた食事を提供します。
☆入浴…希望に応じてご利用いただけます。
☆レクリエーション…楽しいプログラムをおこなっています。
☆相談援助…介護や生活についての相談に応じます。
☆毎月恒例の行事(誕生会など)や季節にあわせた行事
     (もちつき、夏祭り、クリスマス会など)をおこなっています。

利用について

☆利用対象…要支援1〜2、要介護1〜5の認定を受けた方
☆利用日…月〜金曜日(土・日・祝・年末年始はお休みです)
☆利用時間…午前9時30分〜午後4時30分(5〜7時間未満のサービス提供)

デイサービスの1日の流れ

※見学などについては、お気軽にお問い合わせください。

デイサービスの1日の流れ

1.お迎えに行きます

2.健康チェック

3.入浴
  (ご希望に応じて)

4.昼食

5.レクリエーション
  (ご希望に応じて)

6.お送り





介護予防事業

要支援・要介護状態になることを防ぐとともに、 できるだけ自立した自分らしい生活をおくれるよう支援します。
地域包括支援センターで作成されたケアプランに基づいて各種サービスを提供します。

通所型介護予防事業(複合型)

★運動器の機能向上事業
 立ち座りや歩行に必要な筋力をつけることや転倒予防を目的として、楽しく運動します。
★栄養改善事業
 バランスのよい食事内容について実習などで楽しく学びます。
★口腔機能向上事業
 食事や会話が楽しめるよう、歯磨きや顔のマッサージ方法などを楽しく学びます。

通所型閉じこもり等予防事業(いきいき元気教室)

地域の身近な場所に集い、レクリエーションや創作活動、地域の仲間との語らいを通じて、こころとからだの元気を高めます。





さまざまな福祉サービス

居宅介護支援事業(ケアプラン作成)

介護保険制度のもとで、要介護認定を受けた方に対し、ご本人の意向を尊重したケアプランの作成を行います。

車椅子貸し出し事業

一時的に車いすが必要な方や福祉教育用として 地域・学校に貸し出しを行っています。